【FXの手法】FX初心者の僕が実践している手法

どうも!FX初心者から月100万目指すよのすけです

FXで取り組む際、大事なのは「手法」です。

FXで勝つためには、手法が必ずと言っていいほど必要です。

この記事を読めば、このブログで定期的に書いてる「取引履歴」が分かりやすく読めるかと思います!

この記事では、僕が現在実践している手法について紹介していきます!

 

【前提】FXの手法に正解はない

まず前提として、
FX手法に正解はありません。

というのも、FXで勝ってる人が皆同じ手法ではないからです。

 

・・・じゃあ、どの手法が良いのか?

それは、自分で試してみなきゃ分かりません。

その人の性格に合った手法というものがあります。

移動平均線を使って稼いでる人もいれば、ボリンジャーバンドを使って稼いでる人もいます。

またその類を全く使わずに稼いでる人もいます。

 

FXの手法って世の中に溢れてますよね。

本屋にいけば何冊も手法についての本がありますし、ネットもしかりです。

・・・じゃあ、なぜ稼げる人が少ないのか?

それは、自分に合った手法を見つけれてないからです。

なので、まずはどんな手法があるのかを知り、興味のある手法を試してみるのがおすすめです^ ^

 

実践している手法

僕が今まで実践してきた手法は大まかに分けて2つ。

・移動平均線
・ボリンジャーバンド

この2つはインジケーターと呼ばれるものです。

いわゆる「装備品」ですね。

 

例えばこのチャートに「移動平均線」というインジケーターをつけたとします。

そうするとこんな感じになります。

赤の線と青の線がクロスしたところで「買い」や「売り」をすれば、利益につながります。
*買い=上がったら利益 売り=下がったら利益

こんな感じで、エントリーする際の合図を出してくれるのがインジケーターです!

 

僕が使っている「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」は、インジケーターの中でも、かなりメジャーです。

なので知っておいて損はありません^ ^

 

・・・ただ、インジゲーターに入る前に知っておかなければならない考えが一つだけあります。

それが「レジサポライン」です。

 

レジサポライン

「レジサポライン」とは、

・レジスタンスライン
・サポートライン

この2つの総称です。

ようは、値動きが止められているポイントです。

チャートに線を引くと分かりますが、一定の値で止められることが分かります。

この線が「レジサポライン」ですね。

線まで到達した時にエントリーすれば、利益につながりやすくなります。

 

 

このラインを抜けた時、値は一気に上がっていきます。

・・・では、なぜ線を引くのか?

それは「意識されているポイントを知るため」です。

これもエントリーするかしないかの判断ポイントになります。

おおよそ値が止められているところに線を引けばOK。

何回か線を引いていれば、値が止められているポイントが分かってきます!

 

よのすけ
それでは、ここから僕が利用しているインジケーターの話に入ります!

 

移動平均線

*赤=20期間 青=50期間

移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したもの

引用:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/i/J0049.html

移動平均線により、相場全体の大まかな流れが分かります。

この線がクロスした時に値が動きやすくなります。

赤い線が青い線を上にクロスした時が「ゴールデンクロス」、その逆を「デットクロス」と言います。
*使っている色は人によって異なります。

このクロスした時にエントリーすることで、利益につながりやすくなります。

 

ボリンジャーバンド

*設定 σ2.3

ボリンジャーバンドとは、株価の勢いの変化や反転の目安、方向を見る指標です。

引用:https://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/bori.html

 

上の画像を見れば分かりますが、

緑の線にタッチした時に値が逆方向にいくのが分かります。

その逆方向にいく時にエントリーをすることで、利益になります。
いわゆる「逆張り」というやつです。

100%逆にいくわけではないですが、一つの合図になります。

 

まずは実践しよう!

他にも様々なインジケーターがありますが、どの手法が自分にあってるかは、やってみないと分かりません。

ただ、この2つはかなりポピュラーな方法なので、試してみる価値は十分にあります。

僕は当分、この2つの手法を使って稼げるように特訓していきます。

お互いに稼げるように頑張りましょう!!!

▼当サイト人気記事▼